忍者ブログ

ブロッコリー

紫外線に効果的な栄養素は「ビタミンC」ですが、紫外線が強くなってくる春・夏には、1日に1000mgのビタミンCが必要です。

「おもいっきイイテレビ」でとても役に立つ紫外線対策を特集していました。

ビタミンCを単体で摂るよりも、食物繊維と合わせて摂ると、2.5倍も吸収が良くなるそうです。

ビタミンC、食物繊維の両方を豊富に含んでいるのがブロッコリーです。

ブロッコリーは、抗酸化成分という栄養素が含まれていて、網膜細胞のダメージを防いで、紫外線から守ってくれる働きがあるそうです。


【 ブロッコリーの効果的な食べ方 】

ビタミンCは直接熱を加えると栄養分が壊れてしまうので、電子レンジを使って調理します。

ビタミンCが体内で働く時間は2、3時間しかないので、それ以上の時間が経過すると体の外に出てしまいます。

食前に、毎食ブロッコリーを食べると、より効果的だそうです。


ちなみに、ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーと比べると、ビタミンC、食物繊維とも含まれている栄養素が少ないので、ブロッコリーのほうが紫外線対策を考えると、おすすめだそうです。

サプリメントよりも、やはり食事で栄養素を摂ったほうがより効果的、とも言っていました。

PR

紫外線対策グッズ

しっかりと紫外線対策をするためには、日焼け止めを塗るだけでも効果はありますが、オゾン層が破壊されて紫外線はどんどん強く降り注がれています。

紫外線から効果的に守る方法を身につけ、日焼け止めにもう1つプラスアルファすることで紫外線の影響を最小限にとどめましょう。

「おもいっきテレビ」でとても役に立つ紫外線対策を特集していました。


【 サングラス 】

紫外線が与える影響は肌だけではありません。

目からも紫外線は身体の内部に入ってきて、シミやシワだけでなく白内障という目の病気も引き起こします。

サングラスはレンズの色が濃いもののほうが効果がありそうですが、実はレンズの色は薄いもののほうが防御力が高まって効果的です。

ちなみに、目に与える影響が大きい紫外線は午前9時前後がいちばん強く、お昼頃の約2倍の量です。


【 帽子 】

帽子は、生地が厚いものを深めにかぶると効果的です。


【 日傘 】

日傘は、色や大きさよりも「差し方」で効果に違いが現れます。

紫外線を防御するためには、日傘のてっぺんから約40センチ下に目の位置がくるように差すと、より紫外線を効果的に防ぐことができます。


【 紫外線対策に効果がある食べ物 】

ポリフェノールを豊富に含んでいる ココア は、紫外線によってダメージを受けた肌を回復させる力があります。

ココアは冷たいアイスココアにして飲んでも良いそうです。

キウイ はビタミンCたっぷりで、酸化ストレスを回復する力を早めてくれる効果があります。

ココアとキウイを夕食後に摂ると、睡眠中に身体のDNAを補修してくれて、より効果がアップします。

日焼け止めの種類

日焼け止めクリームは2種類あります。

紫外線を肌の表面で跳ね返す負担が少ない 「拡散剤」 が入っているもの、紫外線を肌の表面で受け止めて肌の奥に浸透させない 「吸収剤」 が入っているものがあります。

日焼け、紫外線を防止する目的は同じでも、肌に与える影響には違いがあります。

SPF値の高い日焼け止めは肌に塗ると白っぽくなることが多く、刺激が強い 「紫外線吸収剤」 の量が多く入っているものが多いようです。

紫外線吸収剤が多く入っている日焼け止めは、肌の水分や油分を吸収して、乾燥しやすくなってしまいます。

「紫外線散乱剤」入りの日焼け止めのほうが、「紫外線吸収剤」よりも安全性が高く、肌に優しいといわれています。

SPF数値が高い日焼け止めを使用して肌がかぶれたりするのは、紫外線吸収剤が大量に入っている日焼け止めを使用していたと思われます。

また、SPF数値は真夏でもSPF20~30くらいまでの日焼け止めを使用しましょう。

日本国内で販売されている日焼け止めはSPF50と数値が高いものが多くありますが、紫外線に対して国全体で取り組んでいるオーストラリアやアメリカでは、SPFの上限は30とされています。

水分補給

肌にも体内にも水分補給をしてあげることはとても重要です。

乾燥している肌は紫外線の影響を受けやすいため、しみ、しわがができやすい上に、化粧品の栄養を吸収する力も弱まってしまいます。

メイクのノリも悪くなり肌のキメも悪くなるので、くすんだ顔色の悪い肌になってしまいます。

シミ、シワだけでなく、水分不足から乾燥してバリア機能を失ってしまった肌は、アトピーやニキビ、吹き出物など色々な肌トラブルを招きやすくなってしまいます。

一方、水分をたっぷりと含んだ肌はキメが整っていて透明感もあり、バリア機能もあるので紫外線だけではなく他の外的なトラブルからも強いのです。

キレイな肌になるためには、まず体内への水分補給をしましょう。

塩分をたくさん摂りすぎた翌日に顔がくすんだりむくんだり、睡眠不足やストレスでクマや小ジワができてしまうのは、肌が体内の状態を映し出しているといえます。

年齢を重ねると体内の水分はどんどん減っていきますので、老化防止のためにも意識して水分補給をすることがとても重要です。

1日1.5~2リットルの水を飲むことが理想的です。

紫外線から肌を守る

UV とは、「ULTRA・VIOLET(ウルトラ・バイオレット)」 紫外線の略です。

紫外線カット効果のある化粧品に使われている表示ですので、目にすることも多い言葉です。

日焼け止めクリームだけでなく、下地クリームやファンデーションに入ってるものもあります。

SPFは、「SUN・PROTECTION・FACTOR(サン・プロテクション・ファクター)」 サンケア指数 の略です。

紫外線の防御効果を数値で示すもので、数値が高いほど紫外線から肌を守る効果が高いといえます。

一般的に「SPF1」で約20分、肌を紫外線から守るといわれています。

「SPF10」なら約200分、「SPF20」なら約400分、という計算になります。

最近はSPF数値の高い化粧品、日焼け止めクリームが主流で、数値が高いものほど効果も高いのですが、その分肌への負担も大きいのです。

SPF20~25くらいで通常の紫外線対策には充分です。

強力なSPF入りのクリームを1度塗ってそのまま、というのは肌にはよくありません。

必要以上にSPF値の高い日焼け止めクリームを塗っていると、肌がヒリヒリして炎症を起こしてしまうトラブルが発生してしまうこともあります。

面倒ですが、数値が低いものをこまめに塗り直すのが理想的です。

イチオシ情報

バーコード

ブログ内検索

リンク

track feed 徹底対策!
シミ・シワ・そばかすを全部消す方法