忍者ブログ

ケシミン

シミを消すコスメというと、ドラッグストアでも購入できる手軽なもので小林製薬から発売されている 「ケシミン」 が有名です。

「ケシミン」はクリーム、シールタイプのジェル、サプリメントのような飲む錠剤があります。

ビタミンC誘導体が肌の奥にまで浸透しシミの原因になっているメラニン色素を抑えてくれる効果があります。

使用してみた感想は、シミに効果があるかどうかは正直あまりよく分かりませんでした。

ただ、ビタミンC誘導体入り効果もあってニキビ跡が少しずつきれいになり、肌の乾燥を防いで保湿してくれる効果はあるように思いました。



肌を充分に潤すことでシミは目立たなくなりますので、乾燥を防ぐことはとても大切なことです。

出来てしまったシミは1か月程度できれいになるものではないですし、ケシミンに限らず美白系の化粧品は効果が出にくいという難点もありますので、じっくりと地道にケアをしていく必要があります。

PR

しみ(シミ)に効くクリーム

「ハイドロキノン」 は、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分で、「肌の漂白剤」とも言われる強力な作用を持っています。

美白化粧品などに配合されているアルブチン、ビタミンC、コウジ酸などの成分の約100倍の美白効果があるといわれています。

強い作用があるハイドロキノンはアレルギーや炎症を起こす可能性があることから、皮膚科などの医療機関のみで扱う薬で、医師の診断、処方が必要なものです。

ハイドロキノンが注目されるようになり、ハイドロキノン成分が配合されている化粧品が「シミ取り」として発売されるようになりました。


より高い効果を得るためには、一般に販売されている商品を購入するよりも皮膚科で診断、処方されたものを使用したほうが良いでしょう。

市販されているハイドロノキン成分配合の化粧品は、副作用が出ないようにごくごく微量しか入っていません。

ほとんどの皮膚科やクリニックで「シミ取りクリーム」としてハイドロキノン配合のシミ取り化粧品を処方してもらえます。

ピーリング・スクラブ洗顔

肌の再生を活発にしたり、化粧品を効果的に吸収するには、週に1回程度のピーリング洗顔、スクラブ洗顔をすることをおすすめします。

フルーツ酸と呼ばれる肌を再生してくれる成分が入っている 「ピーリング洗顔料」、小さなツブツブが入った 「スクラブ洗顔料」 は、新陳代謝が鈍くなり肌の表面にたまった古い角質を取り除くのに効果的です。

肌にたまった角質を取り除いて肌の表面を整え、やわらかくすると、化粧品の水分、栄養分が肌に浸透しやすくなります。

若いうちは肌の新陳代謝が活発で肌を再生する機能が正常ですが、年齢を重ねてくるとそれらの機能が鈍ってきてシミ、シワなどが出てきてしまいます。

ピーリング、スクラブ洗顔は、新陳代謝が鈍ってくる老化が気になる年齢になる方こそ必要なものです。

刺激が強く肌を傷つけてしまいそう・・・と敬遠する方も多いかと思いますが、普通の洗顔同様手のひらに取って適度に泡立てて、こすらずに肌の上で転がすように優しく洗顔すれば、肌を傷つけるようなことはありません。

毎日のケアに取り入れるには肌に刺激が強すぎて肌を傷つけるなど逆効果になってしまいますので、週に1回程度を目安にして下さい。

肌を再生してくれるケアとして最高のお手入れ方法です。

美白化粧品

できてしまったシミのお手入れは、 「美白化粧品」 に走りがちですが、シミ改善にはまずは、水分です。

肌が水分で満たされていればシミの色素も薄く見えますし、肌の表面がやわらかくなって、化粧品の水分も浸透しやすいのです。

まずはミネラルウォーターを飲んだり、化粧水をたっぷりとつけて体の外からも中からも水分を補給します。

水分をたっぷりと含むとシミが出来にくくなりますので、シミが出来にくい体質を作りましょう。

肌にたっぷりと水分が行き渡ったら、美白効果の高いフェイスパックやビタミンC誘導体入りの美容液などで、肌の表面からメラニン色素を吸い上げます。

プラセンタ入り化粧品も、肌を元気にして肌を再生してくれますので、シミにも効果があります。

できてしまったシミを何とかするための対策には、まずは保湿することが最も重要です。

美白化粧品を使用するのは、その次、と考えて下さい。

美白効果がある「ホワイトニング~」という化粧品は効果が現れにくいという難点もあります。

美白化粧品は紫外線を浴びた時にシミを作ろうとする機能をブロックしてくれる働きがありますので、朝出かける前に使用すると効果的です。

しみ・シミが出来にくい肌にするには

UVケア効果のある化粧品を使用して肌を保護し、化粧水や美容液で保湿をすることを心がけましょう。

水分を多く含んだ肌は日焼けしにくく、しみが出来にくいからです。

定期的にピーリングやスクラブ洗顔などの角質ケアをして新陳代謝を促し、肌の奥にあるしみの元「メラニン」を浮上させてあげることも大切です。

また、たばこはシミを作る原因のひとつです。

たばこはシミだけではなく、美容にとって良いことはひとつもないと言っていいくらい害を与えるものです。

たばこを吸うと血管が収縮して血行が悪くなり、体内にあるビタミンCを急激に消費させて肌荒れやシミ・そばかすを引き起こします。

イチオシ情報

バーコード

ブログ内検索

リンク

track feed 徹底対策!
シミ・シワ・そばかすを全部消す方法